真似したい!きれいなクローゼットの収納方法

>

上段の棚の上手な収納方法

大きめのカゴを使う

クローゼットの上段の棚には、夏のシーズンしか使わない水着や子供の浮き輪、お客様用のタオルやシーツなどを置いておくと良いと思います。
おそろいの大きめカゴを用意して、そこにタグをついて何が入っているかを分かるようにして収納すると見た目も使い勝手も良くなるそうです。

また、カゴでなくても収納ケースで取っ手がついているものを使用すると、いざ取ろうとするときに便利なようです。

使用していないシーズンオフのかけ布団なども、ホコリにならないように収納袋に入れてしまっておくと良いようです。

また、なかなか普段は見ることの少ない卒業アルバムや、思い出の品々を一つのボックスに入れておいて、収納しておくのもおススメです。
その箱ひとつ以上にはものを増やさない約束にしておくと、ものが増えてしまうのを防ぐ効果もあります。

押し入れタイプのクローゼット

クローゼットの中には、中間に仕切りがある押し入れタイプのクローゼットも存在します。

そんな押し入れタイプのクローゼットの使い方としてお勧めなのが、ちょっとした作業スペースとして使うことです。
小さい置けるタイプのアイロン台を置いてアイロンスペースとしたり、またミシンを置いて裁縫のスペースとしたり、また机替わりに使って手紙を書くスペースとしてもおしゃれに使えます。

奥の方は奥行きの浅い棚などを用意して、それに裁縫道具など必要な道具をしまったりできます。
昔ながらの押し入れタイプのクローゼットですが、使いようによっては自分だけの特別な空間になります。

収納の方法も人それぞれ。いろいろなアイデアがありますが、自分が使いやすい収納方法で収納するのが一番です。
皆様の生活に少しでも役に立ちますように願っております。


この記事をシェアする