真似したい!きれいなクローゼットの収納方法

>

クローゼットの収納方法

中は小分けに

収納ボックスはクローゼットの中に、無駄なスペースを作らないためにも、とっても便利なものです。

しかし、そのままなんでもかんでもしまっていると、中でぐちゃぐちゃになってしまい、急いでいるときなどに速やかに探している洋服が見つからないことがありますね。

そこで、多くの方が行っているのが、収納ボックスの中を小分けに仕切る、ということでした。
今では、仕切り用の小物も無印用品やIKEA、またホームセンターなどで手軽に手に入れることが出来ます。

Tシャツなどでも、きれいにたたんで、上からどのTシャツか分かるように入れておくと、探しているときにスムーズに見つけることが出来ます。
靴下や肌着なども、小さめの小分けの収納グッズで分けてしまうと、すっきりとしまうことが出来て、見つけやすくなります。

選べる深さ

収納ボックスは、深さが何段階かに分かれていて、好きな深さのものを選ぶことが出来ます。

もし、小物を入れたいのであれば浅めのものを、Tシャツ類を入れたいのであれば中ぐらいのものを、セーターなど大きめのものをしまうのであれば深めのものを選ぶと良いと思います。

ただ、セーターなどウールやカシミアのものをしまう時には、長くしまっていると虫がついてしまうかもしれませんので、防虫剤を入れておいた方が安全です。
ひとつの収納ボックスにだいたい二つの割合で防虫剤を入れると一年間は虫を寄せ付けないようです。

また、家族で一緒にクローゼットを使用する際には、ひとりひとりが使用できるボックスの数を決めておいて、それに入りきらない場合は、捨てるか売るかするようにすると、ものも増えすぎないで良いそうです。


この記事をシェアする