真似したい!きれいなクローゼットの収納方法

探し物がすぐ見つかるクローゼット整理の仕方

収納ボックスの上手な使い方

最近の新築の家や、賃貸マンションでは、押し入れの代わりにクローゼットが備え付けてある場合が多くなってきています。

クローゼットは、物をしまってから扉をしめると収納物が隠れて便利ですね。
しかし、決められたスペースだけに、上手に工夫して収納しないと、無駄なスペースができてしまったりして、上手に活用できない場合があります。

このサイトでは、収納上手の皆さんが実際行っている収納方法について調べてみました!

ところで、クローゼットには、ハンガーポールが付いていますね。
それにハンガーを掛けることができるのでとても便利です。
ハンガーポールの上手な使い方に、「洋服の長さを合わせる」ということがあります。
洋服の長さが同じものをまとめて掛けることで、洋服の下の空いたスペースに収納ボックスなどを置くことができるようになります。

また、日本は四季がありますので、大雑把に分けても冬物と夏物に分かれますね。
シーズンの洋服をハンガーポールに掛けるようにして、シーズンオフのものは収納ボックスにしまっておくというのも便利な使い方だそうです。

ハンガーポールが二本ある場合には、シーズンのものを片方に、オフシーズンのものをもう片方に掛けておくのも、収納をすっきりさせるコツです。

また、トップスはトップスにまとめたり、ボトムスはボトムスでまとめたり、同じ系統の色味でまとめたりして洋服を掛けておくと、いざ洋服を選ぶときにスムーズに選べる!というお話も聞きます。

このトップスの時には、このボトムスを…とコーディネートが決まっている洋服があれば、まとめてハンガーを掛けて置ける小物も売っていますので、一緒に掛けておいても便利だそうです。
アクセサリーも決まったものがあれば、一緒に掛けておくことが出来ますね。

クローゼットの収納方法

クローゼットの下の空いた部分に便利なのが、プラスチック製の収納ボックスです。 収納ボックスには、奥行きの長さが何種類かありますので、ご自宅のクローゼットの奥行きを計って、ぴったりのサイズのものを選ぶと見た目もすっきりします。 このページでは、収納ボックスの上手な使い方について調べてみました。

上手な収納のコツ

クローゼットの中をいつも整理整頓しておきたいけれども、時間が経ったり忙しかったりするといつのまにかぐちゃぐちゃになってしまう…というのは誰しも心当たりのあることではないでしょうか? このページではどうすれば、ものをきれいに収納することができるのか、色々な収納のコツをご紹介します。

上段の棚の上手な収納方法

クローゼットの中には、多くの場合、上段に棚がついてありますね。 そこに何を置くか、簡単には取りだせない場所であるだけに難しいです。 このページでは、上段の棚の上手な活用方法について調べてみました。 収納の上手な方は、いろいろ工夫して使用しているようです。 見ていきましょう!